引越し業者とのトラブル回避

引越しのトラブルはいろいろなものがありますが、まずは引越し業者とのトラブルです。

見積もりに関してのトラブルで、契約書に記載された金額と見積りで出してもらった金額が 違う場合があります。

おおまかに計算で出してもらった見積りと、実際に荷物を運ぶ際に荷物の量などによって、 差が出てくることがあるからです。

また、見積書にはなかったオプションなどを追加で利用することになった場合も、同じです。 見積りの段階では合計されておらず、おのずと見積額とは違ってきます。 契約内容が見積りの段階とどう変わっているかを、よく確認しましょう。

また、一般的には引越し業者に内金や手付金などを払わなくても大丈夫ではあります。 「標準引越運送約款」を用いている業者は引越しが全て終わるまでは、支払いを請求しません。

しかし、全ての業者がこれを用いてはいないので、内金や手付金を請求してくる場合もあります。

引越しのトラブルは、金銭面だけでなく、荷物の搬入でも起こってきます。 家具などを運んでもらう時に、フローリングが傷ついたり、ソファーが壊れたりなどの 破損が起こることもあるからです。

その場合は、傷めた部分の張り替えや運搬中の過失ならば補償されます。 このような引越しが始まってからのトラブルも困りますが、 引越し業者の中には、強引な営業や執拗な電話など、まるで嫌がらせのような態度で臨んでくるところもあります。

こういった場合には、きっぱりと断る姿勢で強く臨みましょう。 悪質な業者には毅然とした態度が大事です。

しかし、全ての業者がこのような悪質めいたものではありません。 トラブルが起こることも考えつつ、どこの業者を選ぶべきかをじっくりと検討しましょう。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ