引越し契約につきまして

引越しは不動産会社などとの契約でもあります。 何らかのトラブルに巻き込まれないためにも、契約時にはしっかりと書類を確認しましょう。

まず、物件を選ぶことから始まりますが、引越し先の物件が決まりましたら、 入居申込書に必要事項を記入します。

この申込書の項目は、以下の通りです。

氏名(同居人の有無)
住所(今住んでいる場所)
連帯保証人の氏名
連帯保証人の住所
連帯保証人の勤務先住所、年収
年齢
生年月日
勤務先
年収

これらの項目に、記入しなければなりませんので、連帯人保証人を誰にするかなどを 事前に決めておき、詳しいことを聞いておきましょう。

申込書に記載したら、申込金が必要です。 申込金は家賃の1ヵ月分ほどで、それを不動産会社などに預けておくと、 申し込みをしたことになります。

ここで申込金の預かり証を受け取ります。 そして、入居審査が始まります。

不動産会社は、申込書などの書類を物件の貸主に渡し、審査が行われます。 審査の項目は、家賃を払っていけるかどうかや部屋を貸すことで風紀などを乱さないかどうかなどがあります。 審査が通ると、どんなに長くても1週間ほどで結果がきます。

貸主の許可がおりますと、今度は借主である側にもその部屋を借りるにあたっての 説明があります。

権利や義務、契約内容を宅地建物取引主任者の資格を持った担当の方が、説明してくれます。 この時に、いろいろと質問しておき、あとあと困ることのないようにしましょう。

これらが終わって、やっと契約書に署名と押印ができます。 その後、正式な契約書が作られ、保管しておきます。

この時期の前後に、初期費用などの入金をすることになります。 正式な契約書は、よく読んでおかれることをお勧めします。

事前にあった説明との相違点がないかどうか確認しておくと、その後の何らかのトラブルにも対処できるかもしれません。 契約は、さまざまな約束事や条件があります。

それらを踏まえてよく確認し、署名や押印をしましょう。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ