梱包方法

梱包は、つめればいいというのではなく、1つずつの箱に何が入っているか、分かるようにしておくといいですね。

何らかのワークをつけたり、マジックでしっかりと書いておいたりするといいですね。 荷物を出す時にすぐに分かるようになっているのがベストです。

また、段ボールの組み立ての際に、底が抜けないように、しっかりとガムテープなどで補強しましょう。 梱包の詰め方は、まず、なるべく使わないものから順に詰めていくことです。 引越しの準備作業の間に、取りださなければならないものから詰めていくと、また出すことになってしまうからです。 そして、なるべく重たい物を小さい箱に入れていきましょう。

重い物ほど運びにくいので、大きな箱に入れてしまうと、動かす時に大変な思いをします。 なので、重い物ほど小さな箱に入れて、小分けして運べるようにしておきましょう。

そして、軽い物はと言うと、これは、なるべく大きな箱に入れましょう。 軽い物やかさ張ってもそれほど心配のないものは、大きな箱にばさっと入れてしまいましょう。 その方が、運びやすく、手間もないからです。

また、梱包には、割れ物もあります。 食器やガラス製品などひとつひとつ丁寧に包み、隙間にも新聞紙などを詰め込んで、 ぐらぐらと動かないように注意して詰め込んでいきましょう。

皿などは立てて、カップなどは伏せて詰めましょう。 そして、箱には割れ物と明記しましょう。

また、高価なものは詰めずに、手などで運ぶようにしましょう。 一緒になって分からなくなっても困りますね。

また、家具などのネジやコードなど、なくなってしまうと大変な物ですね。 こういったものは、1つにまとめておいて、小物類はなくなりやすいので、気をつけましょう。

また、大きな家具などは、梱包することが難しいですね。 こう言った物は、引越し業者の方にお願いしましょう。 引越ししてすぐに使わなければならないようなものは、最後にしましょう。

それらをまとめて、すぐに使えるように分かりやすくしておくといいですね。 貴重品も扱いには十分気をつけましょう。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ