原付自転車の住所変更手続き

引越しした後も、バイクを持っていたら、それの住所変更手続きが必要です。 原付自転車の住所変更の手続きは、廃車にする時と同じ手続きになるようです。

引越し先が、同じ市内や同じ町内だった場合は、転居届を出せばよいので、 自動的に住所が変更されるので、手続きは必要ありません。

しかし、そうでない場合は、手続きが必要です。 まず、現住所の市町村役場へ行って、廃車証明書を交付してもらいます。

そして新しい住所の市町村役場へ行って、新しいナンバープレートをもらってきましょう。 届ける人は、本人かあるいは同居の親族でもかまいません。 また、代理人提出もでき、この場合は委任状や本人確認書類が必要となります。 届ける期間は住所変更より15日以内です。

必要なものも、廃車手続きをするかしないかで、いるものも少し違ってきますので、 確認が必要ですね。 ナンバープレートや印鑑などを用意し、必要書類に明記して、何の問題もなければ、 すぐに手続きは終了します。

引越しが終わったら、なるべく早めに手続きをしておきましょう。

バイク・自動車の住所変更手続き

原付自転車と同様に二輪車も住所変更が必要です。 自動車検査証や申請書、手数料納付書、印鑑などを持っていき、手続きします。

今回は、市町村役場ではなく、新しい住居の管轄にある「陸運局・自動車検査登録事務所」で行います。 必要書類なども、そちらで揃えるえることができますし、早めに手続きをしましょう。

バイクに乗っていると、事故などの心配もありますので、 自賠責保険に入っている人も多いと思います。 その場合も、自賠責保険の住所変更の手続きもしておきましょう。

また、自動車を所有している場合も住所変更の手続きが必要です。 同じように陸運局に出向いて、手続きしましょう。

バイクとはまた違った書類が必要で、申請書や納付書、自動車税申告書、車検証などが必要です。 車庫証明や、住民票なども必要ですので、忘れずにしましょう。

特に、車庫証明は、自動車の駐車スペースを確保する物ですから、重要ですね。 車庫証明は、自宅から駐車場までが2km以内であることが条件です。 この条件をクリアしないと車庫証明の申請ができません。

また、申請書類は警察署にて手に入れることができます。 この申請をすると、警察官が車庫を確認に来ますので、その時に駐車スペースが十分でなく、 物などが置いてあると、車庫証明を発行してもらえない場合もあります。 そうならないように、駐車場はきれいにしておきましょう。

この申請もなるべく手間なく、スムーズに運ぶと、自動車の住所変更も早く済ませることができますね。 車庫証明をもらい、住所変更に必要な他の書類に記入し、変更手続きが完了したら、 バイクの時と同じように、自賠責保険の内容も変更しましょう。

住所を変更するために、保険会社の窓口で書類に記入し、印鑑を持参に、変更手続きを行います。 また、任意保険にも加入して見える方は、それも忘れずにしましょう。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ