先に出すのは、婚姻届 or 転入届

結婚する時の、手続きで入籍か引越しかどちらを先にするかという問題があります。

実際にはどちらが先でもかまわないようです。

しかし、役所へ行かなければならないことや書類を提出したりなどを考えると、 引越しを優先することをお勧めします。

入籍のあとから引越しをすると、転入手続きがあるために、2回も役所に行かなければいけなくなります。 引っ越してから入籍だと、手続き自体が一度に済ませることができます。

また、結婚すると、名字が変わるので、免許証やパスポートの書き換えもしなければなりません。 そうすると、住民票が必要になってきます。 住民票もすぐにもらうとができるので、大幅に手間が省けますね。 婚姻届も転入届も、市町村役場に出向き、先に、婚姻届を提出しましょう。

そして、転入届を提出することで、いろいろな手続き上の住所や氏名の変更に必要なものもすぐに終わらせることができます。 転入届は、引越し後の2週間以内に届けるものなので、その時に婚姻届も準備しておきましょう。

とは言え、婚姻届を出す日にこだわりたい方も多いと思いますので、 無理に手続きを一緒にする必要はないですが。

二人の大事な門出ですから。

転出届

引っ越した後の転入届だけでなく、引っ越す前に行う転出届も必要です。 引越しは手続きが多いので、大変ですね。

引越しの前に転出届と、印鑑登録廃止届を提出しておきましょう。 届けを出す時には、新しい住所も必要ですので、新しい住所を知っておきましょう。

印鑑、国民健康保険証、国民年金手帳も必要ですので、忘れずにしましょう。 転出届が終わったら、転出証明書をもらいましょう。

そして、引越しが終わった後に入籍し、転入届を出すことです。

このように、市役所に行ったら、その時にいくつか同時に手続きを済ませておけるように、 準備と下調べをよくしておくことをお勧めします。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ