引越しのあいさつは重要?

引越しをした時の挨拶は重要です。 挨拶と言うと、面倒な思いになったり、別にしなくてもいいんじゃないかとか、そんな思いがある人も増えてきているようです。

しかし、挨拶された側からすると、どんな人が越してきたかが分かって良かったと思う人が多いようです。 また、引越しの挨拶自体を当然と思う人も少なからずいるようです。

こういった傾向からも、引越ししたら必ず挨拶に行くことは大事ですね。 また、引越し先の方達への挨拶だけでなく、知り合いの方や友人、親戚、職場の人たちなどに 引越しをしたお知らせをすることも大事です。

また、これは引越し先の連絡のためだけはありません。 今まで住んでいた場所での友人や通っていた学校から転校する時など、引越しの挨拶文は、単に連絡だけでなく、 今までの感謝という、お世話になった方たちへのお手紙の役割もありますね。

引越しの挨拶文は、決まった形式などを用いて、失礼のないようなお手紙にする必要もありますが、 これからの新しい門出やお世話になった方々への感謝の思いも込めて書けるとなおいいですね。

また、新しい住所などの読み方など分かりづらい地名は、振り仮名をふっておくと、より親切ですね。 いろいろな挨拶文の例などを参考にして、新しい出発に相応しい引越しの挨拶文を書いてみて下さい。

持っていく粗品は何がいいだろう?

引越しが終わって、一息つく間もなく、お隣や近所の挨拶をしておくといいですね。 新しい地域に住み、分からないことも多いでしょうし、近所付き合いは大事です。

そんな時に、何か粗品を持っていくと、挨拶しやすくなります。 どういった物を持っていけばいいのでしょうか。

ある読者アンケートでは、引越し挨拶品ベスト5の中で、最も人気だったのは、タオル類だったようです。

あまり高くない予算で、食品のように賞味期限もなく、色もいろいろあり、渡しやすい品のようです。 安いタオルでもかわいい模様が入っている物や、無地のタオルでもラッピングしたりなど、 自分なりに工夫してもいいですね。

また、お茶や紅茶なども引越しの挨拶品で喜ばれるようです。 賞味期限も長いですし、お茶などは好き嫌いがあまりない物で、どなたでも飲まれる物ですから、 こんな時には重宝する粗品です。

また、石けんや洗剤も人気なようです。 日用品ですし、いただいても困らない物ですね。

そして、意外と洋菓子も引越しの挨拶には使われるようです。 少量でもリッチな感じがありますし、受け取る側も嬉しい品ですね。

状況や身近にある物などでも、気軽に挨拶品として使うことができそうです。 ちなみに、番外編として地方の名産品というのもありました。

以前、住んでいた場所での名産品などを買っておいて、新しい場所でそれをご近所の方に渡すのもいいですね。 どこの出身かも分かりますし、ご近所の方によく自分を知っていただける粗品にもなりそうですね。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ