友人の悲惨な引越し現場

1年ぐらい前の話です。友人の引越しを手伝いにいってきました。

手伝うといっても、運ぶのは引越し業者に丸投げで、その後の荷物を段ボールから出す作業や、 それらの荷物をしかるべき場所に運ぶ作業の手伝いです。

それは、暑い日の午後でした。

引越し作業員は3人。「3人もいるから、これはすぐに終わるな〜」と思っていたら、その期待はもろくも裏切られる結果に。

ビックリするほど、ちんたらちんたら作業してます。無駄話とかもしながら。「なんだこいつらは・・・」と思って、怒ろうかとも思ったんですが、ここで怒っても誰も得しないので、黙って静観していました。

ふと、会話の流れで、「午前中にも一件、引越しをしてきました。」とのこと。

これで疑問が解決。

こんな暑い日に、朝から引越し作業。そして、今、2件目。午後2時。一番暑い時間帯。体力の限界。といったところでしょうか。

午前中に引越すほうがお得です。

このように、引越し業者さんは、たいてい1日に2件か3件の引越しを行っていきます。

なので、業者がまだ疲れていない1件目の午前中に、引越しを頼んだ方が絶対お得です。

2件目でも、頑張る人は頑張るとは思います。このへんは当たり外れがありますが、 午前中に頼んでおいた方が無難ですね。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ