意外と多い「もう読まない本」

引っ越すと決めてから、気づくのが、 「あれ?うちってけっこう使ってないもの多くない?」 これです。

僕もそうでした。とにかく使ってないのに、クローゼットにしまっているものなどが、腐るほどある。 そんな状況だと、引っ越すのも一苦労です。

引越しのときに、持っていくものと、捨てるものを分けなければいけないからですね。

中でも、うちで一番困ったのが「本」

僕は、本は好きで、月に20冊くらいは買っちゃってます。

でも、全部読んでいるというわけではなく、必要な部分だけ流し読みするという感覚で本を読んでいます。 情報収集ツールという感覚なんです。

だから、本は本棚にたまるだけたまって、場所だけとってしまっていました。

それを嫁に愚痴ってると、 「ブックオフで、宅配買い取りみたいなのあるらしいで」 とのこと。

宅配買い取り??

早速ネットで調べてみると、 自分で段ボールに売りたい本をつめて、 ブックオフ公式サイトで段ボールの数だけ、伝票みたいなものを印刷し、 中に入れてネットで申し込むだけで、宅配業者が段ボールをとりにきてくれる、 とのこと。

これは便利だ・・・ということで、使ってみました。 合計で200冊ほど。

ブックカバーがないものや、お風呂で読んでしわしわになっている本も混ざっています。 でも、買い取り不可能で値段がつかないものでも、処分はしてくれるという嬉しいサービス付きです。

宅配業者が段ボールを自宅の玄関まで取りに来てくれて、 そして、しばらくして、いよいよ買い取り価格がメールで送られてきました。

「12000円」

200冊で12000円。1冊平均60円???

おいおい、意外に高く買い取ってくれんじゃん? って思いました。

ブックカバーとかないのとかありますから、買い取り不可能のが半分くらいと、メールに書いてありました。 だから、最近の新刊とかが、けっこう高額で買い取ってもらえたんだろうなーという感じです。

でも、本棚に眠ってるだけで、もう目を通さない本が売れたし、処分もできて、 まさに一石二鳥です。

あなたもぜひ、引っ越す際には、眠っている本・ゲームソフトなどを、 ブックオフの宅配買い取りでお金に変えてみてください。

ただ、まとまった量がないと、宅配買い取りはしてもらえないようです。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ