早めに連絡しておきましょう。

引越しをするとき、不動産会社が代行して手続きをしてくれる場合を除いては、 電気・ガス・水道などの開通の連絡をしておかなければいけません。 当然といえば当然なんですが、意外と忘れがちですから注意しましょう。

電気は電力会社で、ガスはガス会社に電話すればOKです。 電気は立会がいらないみたいですが、ガスはいることもあるようです。

水道は市役所・役場の水道係みたいなところに電話すれば、開通してもらえます。

支払いについて

口座引き落としにするか?クレジットカード決済にするか?などは、 使い始めて最初の月に連絡が来るって言ってました。

クレジットカードにすれば、ポイントもたまるしオススメです。 公共料金に限らず、クレジットカード決済ができるものは、全てカードにしていくと、ポイントでかなりお得できますよ。 ちりも積もれば山となる方式です。

おっと、その前に、まずは、引越し前の家の、電気・ガス・水道を解約しておくのも忘れないように。

電気の手続きについて

電気は、当日ぎりぎりにまで使う物なので、引越しの当日まで手続きをしない場合もあるかと思いますが、 基本的には、少なくとも2、3日前までに手続きをされるといいと思います。

まず、住居から近くの電力会社に引っ越す旨を連絡しておきます。 連絡は、電話やインターネットですることができます。

電話であっても、インターネットであっても、必要事項はほとんど変わりません。 現住所、氏名、引っ越す予定の住所、引越し日時、電力会社でのお客様番号を控えておきましょう。 これらを電力会社に連絡しておき、手続きします。 そうしておくと、電力会社の人が、引越しの当日になって、家まで来てくれます。 何をするかと言うと、最後の検針をするのです。 メーターの確認と料金の精算です。

もし、この時にお金の持ち合わせがなかったとしても、料金の精算を請求書にして、 新しい住居の住所に送っていもらうこともできます。 現金でその場で支払えるとよりいいですが、出来なかった場合でも問題ありません。 その時は、家を出る際に、料金メーターを確認し、携帯などで写真を取っておくといいです。 後で、電力会社から請求書が来ても、写真を見て確認すれば、すぐに対応できます。 引越しの準備などでバタバタしている時ですから、忘れないように何らかの形で残しておくと、 あとあと困りませんね。

そして、新しい住居に着いたら、ブレーカーを入れましょう。 しかし、実際に新しい住居で電気を使ってみて、アンペアが前の住居よりも低かったということもあり得ます。 そんな時は、どうするのでしょうか。

アンペアが低いと、生活を始めて、いくつかの部屋で電化製品を使っているとブレーカーが落ちてしまうといったことも出てきますね。 これに対しては、引越しをしてから、不便な場合はアンペアを変更することもできますし、

前もって引越し前に電力会社に依頼して、アンペア工事をしてもらいアンペアを挙げてもらうこともできます。 アンペアは、数値によってブレーカーの色が違います。

10アンペアは、ブレーカーの色が赤色、20アンペアは黄色、30アンペアは緑となっており、 色ごとにもすぐに判別できますね。

ちなみに、アンペアを10上げることに、260円基本料金が上がっていきます。 地域などによって違うところもあるので、確認してみるのもいいですね。

>>引越し一括見積もりを使ってみた体験談

ページのトップへ▲

気になる人にアプローチ